愛鎚で作るベビースプーン~中山様~

投稿日時: 2017年2月20日カテゴリー:

昨年、【愛鎚で作る結婚指輪】でご参加していただいた中山様が「愛鎚」で
『銀のベビースプーン』をご制作にいらっしゃいました~♪

銀のスプーンは、欧米では出産のお祝いに銀のスプーンを贈るという習慣があります。
これは銀が「魔除け」の意味を持つことと、「一生食べ物に困らない(経済的に困らない)」という願いが込められています。

そこで今回、中山様はお子様の誕生100日祝い(お食い初め)の時に銀のスプーンで行いたいという事で、家族全員でご制作にいらっしゃいました~~~(*^▽^*)

ちゃんとお子様も制作に参加しております~♪

愛鎚ベビースプーン (1)

約一年ぶりの愛鎚とご対面です~♪
実は中山様達が愛鎚をご制作した最初のお客様です!

愛鎚ベビースプーン (5) 愛鎚ベビースプーン (4)
スプーンの裏側にお子様のメモリアル刻印が刻まれていきます。
内容は自由ですが、名前、生誕日、体重、身長など。
メッセージを刻んでもいいですね~♪

愛鎚ベビースプーン (2)
パパ~よろしくおねがいしまーす~♪

愛鎚ベビースプーン (3)

次はママも練習してから本番へ~

愛鎚ベビースプーン (6)
ちゃんと赤ちゃんも制作に参加しています!
家族一緒に作りあげることで家族の絆が深まります~(*^▽^*)

愛鎚ベビースプーン (7)
疲れて眠ってしまいましたが、お気に入りの銀のスプーンは放しません~笑

愛鎚ベビースプーン (8) 愛鎚ベビースプーン (9)
最後は家族一緒に記念撮影~お子様もこの時は起きてくれました(^ω^)

そして、お食い初めの写真をいただきました~♪
2 1
しっかりとご愛用していただけてますねー(≧▽≦)

銀のスプーン 銀のスプーン
こちらが愛鎚でご制作した銀のベビースプーンです。
スプーンの内側にはお子様のメモリアル刻印が刻まれています。

お子様が大きくなったらこのスプーンはバングルになり身に着けるアクセサリーと
なります。お会いできる日を楽しみにお待ちしております~♪


ご出産のお祝いにシルバースプーン バングル

投稿日時: 2016年11月24日カテゴリー:

旦那様が奥様&赤ちゃんにお疲れ様と産まれて来てありがとう~♪の気持ちを込めて

ご出産のお祝いに『シルバースプーン バングル』をオーダーいただきました!

<スプーンバングル>
欧米では出産のお祝いに銀のスプーンを贈るという習慣があります。
これはシルバーが「魔除け」の意味を持つことと、「一生食べ物に困らない(経済的に困らない)」という願いが込められているのだそうです。
MATEI(マテイ)では銀のスプーンを身に着けるアクセサリーとして提案しています。
お気に入りのメッセージや、お子様のお名前、出生日、体重、身長などを刻んでください。
末永く家族の絆として、またお子様のお守りとして大切にしていただけるアクセサリーです。

スプーンバングル

柄の部分をツイストする事でキラキラした星屑模様が天の川のように見えますね~♪

スプーンバングル
スプーンの表面には星屑をイメージしたキラキラ模様を刻んでいます。

fb-3

そして、スプーンの裏には家族の名前と愛犬の名前を刻んでいます。
愛犬も家族の一員ですからね~♪

せっかくなので制作工程も一緒にご覧ください。
スプーンバングルスプーンバングルは銀の板から作られています。

スプーンバングル
そして、腕のサイズに合わせて切り抜きます!
ヤスリを使って形を整えていきます!!

スプーンバングル

ここでメモリアル刻印を刻みます。
内容は自由なので、家族の名前だけでもOK。
その他には、お子様の生誕日・お名前・身長・体重やメッセージを刻んでも素敵ですね!

スプーンバングル
片面に模様を刻んだらツイスト加工をします。
ツイストの回数でまた雰囲気が変わります~♪

スプーンバングル
バングル用の木芯棒でシルバースプーンをバングルに成形していきます。

img_20161123_191847
最後の工程は磨きです。
キラキラのピッカピカに仕上げて完成です~♪

奥様が喜んでいてだけたら嬉しいですね!
こういう気持ちが夫婦円満の秘訣になるので旦那様はサプライズを忘れづに~~(笑)

アニバーサリーのアイテムとして他には「ベビーリング」なども作れます。
勿論、結婚記念日や彼女にギフトとしてお作りすることもできます。

そして、MATEIには『愛鎚』というサービスがあります。
代々受け継がれてゆくもので愛鎚を使って結婚指輪やベビーリング&シルバースプーンバングル
などが作れます。詳しくはこちら↓↓↓

http://matei.jp/aizuchi.html

<アニバーサリー/シルバースプーンバングル・ベビーリング>

http://matei.jp/anniversary.html