結婚指輪はふたりの手作り!!【愛鎚(あいづち)】

投稿日時: 2018年1月20日カテゴリー:

MATEIのオリジナルサービス『愛鎚(あいづち)』で作る結婚指輪。
今回のお客様は幼馴染みのカップルです~♪

MATEIの結婚指輪は一本の金鎚(かなづち)『愛鎚』をお二人で作るところから始まります。

日本語に「相づちを打つ」と言う言葉があります。
「相づち」の語源は昔、刀鍛冶が刀を鍛える時に二人の職人が向き合い交互に槌を打つことを「相槌」(向かい合い槌、あいのつち)と言ったそうです。

その語源になぞらえて「結婚とは」・・・
二人が向き合い気持ちを伝え合うこと。

そして、鎚を打ち合いながら一本の金鎚(かなづち)を作りあげます。

その愛鎚で二人の結婚指輪を作り合います。


金鎚(かなづち)を制作する時はバーナーを使って鎚頭を熱して熱いうちに二人で鍛えあげます。


これからの結婚生活を共に築いていきましょうと思いを込めながら。


鍛えた後は、ヤスリを使って鎚頭の形を整えます。
ここでもお互いに手を取り合ってますね~♪


整えた後はひたすら磨きます!


旦那様が疲れてきたので交代です~
ラブラブですね~(*^▽^*)


完成した愛鎚(あいづち)を手にしていざ!指輪制作です!!


まず最初の作業は指輪の内側に刻印を使って文字を刻んでいきます。


お互いの指輪を作り合っています。
モノ作りは楽しくもありますが、お互いの真剣な顔を見る機会もなかなかありませんので貴重な瞬間ですね。


奥様は終わったようですね~♪


いよいよ最後の作業です。
二人で作りあげた愛鎚を使って、指輪の表面に槌目模様を付けていきます。


一打一打想いを込めて打ち付けていきます。


キレイに槌目模様がつけられました。


お疲れ様でした。
お二人で結婚指輪を作りあげてように素敵なご家庭をお築ききださい。

完成を楽しみにお待ちくださいね~♪


愛鎚セレモニー!いざ大阪へ出張~♪

投稿日時: 2018年1月14日カテゴリー:

昨年12月に、大阪「なんば」にある『スイスホテル南海大阪』様で【愛鎚セレモニー】の見学に行って来ました!

愛鎚セレモニーとは・・・
MATEIのオリジナルサービス『愛鎚(あいづち)』を使って
結婚式で新郎新婦を祝福にいらしたゲストの皆様と一緒にお二人の絆でになる結婚指輪を作りあげるセレモニーです。
今回は色々なご縁でスイスホテル南海大阪様でセレモニーを挙げることができました。


挙式は午前中からなので、早朝から新幹線で新大阪まで~
東京駅は久し振りでしたので「銀の鈴」に寄ってから
ホームへ~♪


新幹線も久し振りです~♪
今はスマートフォンから新幹線の予約が取れなんて便利な世の中になったものですね~
「スマートEX」お薦めです。


朝日がいい感じです。
たまには早起きもいいものですね!


大阪に到着!
やっぱり道頓堀のグリコの看板を見ると大阪に来たと実感します。*一応記念撮影(笑)


こちらが「愛鎚セレモニー」をおこなう
【スイスホテル南海大阪】様です。


ホテル6階のアトリウムには素敵なチャペルが展示されていました。多分期間限定??
実際に挙式を挙げられた方がいるようですね。
ここでは色々な人達が写メってました。
インスタ映えしそうですね~♪


今回の待合室でゲストの皆様に先に叩いていただき、チャペル挙式の時にご両家のお父様とお母様が叩く演出になっています。

今回は特別に撮影をさせていただきました。

チャペル挙式の風景は後日お届けいたします。

また近々大阪に行きますよ~


【銀のスプーン】で赤ちゃんのお食い初め~♪

投稿日時: 2017年12月18日カテゴリー:

子供が一歳になるまでに色々と行事があります。
そして、あっという間に子供は成長していきます~♪

お食い初めのお話の前に少しだけ1歳になるまでの赤ちゃんの行事を簡単にご紹介いたします。

赤ちゃんの行事はたくさんあります。
最初は「お七夜」赤ちゃん誕生から7日目の夜に名前を決めて、赤ちゃんの健やかな成長を願う伝統行事です。
次に「出生届」は、生誕の日から14日以内に自治体に届けます。
「お宮参り」は、生後30日後に神社に参詣して赤ちゃんの健やかな成長を願います。

そして、「お食い初め」赤ちゃんが生まれて初めてご飯を食べさせる儀式です。これは、子供が一生食べ物に困らないようにという願いが込められた生後100日の内祝いです。
*お祝いの時期は地方によって違います。

最後に「初節句」男の子は5月5日の「端午の節句」、
女の子は3月3日の「桃の節句(ひな祭り)」にお祝いをします。*生後1~2か月で節句の時期の場合は翌年の節句に行います。

その他に外国には出産のお祝いに「銀のスプーン」を贈るという習慣があります。これは銀が「魔除け」の意味を持つことと「一生食べ物に困らない(経済的に困らない)」という願いが込められています。

この日本と外国の儀式を合わせて、銀のスプーンでお食い初めを行います。


MATEIでは銀のスプーンを手づくりまたはオーダーで作ることができます。
しかも、お二人が作った「愛鎚」でスプーンが作れます!
結婚指輪とお揃いの模様を付けることで家族の絆を深めていただきたいです!!
その他にスプーンにはお子様のお名前、生誕日、体重、身長などのメモリアル刻印が刻むことができます。

しかし、このままだと世の中ににある銀のスプーンとそんな変わりがありません。それに、このようなお祝いのギフトは時が経つと押し入れの奥にしまわれてしまいます。
そのようにならないように、MATEIの銀のスプーンはちょっと違います。


スプーンがバングルに加工できます。
身に着けるアクセサリーとしてパパとママで身に着けてください。そして、子供が大きくなった時に子供に改めてプレゼントしてください。
君が初めてご飯を食べたスプーンだと伝えて・・・
末永く家族の絆としていただきたいと思っています。

*右下のネックレスは結婚指輪とお揃いのベビーリングになります。



大きく元気に成長してくださいね~(≧▽≦)

<アニバーサリー ギフト>はこちら↓↓↓
http://matei.jp/anniversary.html