MATEIの結婚指輪たち~5

来月は七夕ですね!
庭の笹を使って短冊にお願い事を書かなくては~(笑)
なんてことを子供頃に小学校の行事でみんなで短冊にお願いを書いたことを思い出しました。
そして、曇りや雨の日には天の川が現れずふたりが出会えないとも・・・・

MATEIの指輪たちの中に、七夕の季節にぴったりな「天の川」をイメージした結婚指輪があります。
この指輪のテーマは、『天気が悪い日でもふたりが出会えることができる結婚指輪』

七夕祭りは五節句の一つ。天の川に隔たれた彦星と織姫が七月七日の夜に年に一度だけ会うことができる、中国の伝説にちなんだ年中行事です。

結婚指輪手作りオーダーメイド東京・代々木上原MATEI (1)
モデル名:天の川 ~Milky Way~
プラチナの部分にタガネで一つ一つ星屑をイメージしながら彫られています。
そして、二つの指輪が重なると天の川が現れます!

ふたりが出会えば必ず天の川は現れる!!
そんな想いを込めた結婚指輪です。

素材はOG(オレンジゴールド)&Pt(プラチナ)

お客様が手作りでご制作していただきました。

以前にご制作&納品風景です。宜しければご覧ください。
http://matei.jp/blog/?p=845
http://matei.jp/blog/?p=891

FBはこちらです。
宜しければ「いいね」宜しくお願いします。
https://www.facebook.com/mateijewelry


出産祝いに作る!!幸運のお守りジュエリー「銀のスプーンバングル&ベビーリングネックレス」 

赤ちゃんが産まれて来たお祝いにスプーンバングル&ベビーリングネックレスを自分達で手作りできます。

手作りベビースプーン&ベビーリングMATEI 1
<スプーンバングル>
欧米では出産のお祝いに銀のスプーンを贈るという習慣があります。
これはシルバーが「魔除け」の意味を持つことと、「一生食べ物に困らない(経済的に困らない)」という願いが込められているのだそうです。
MATEI(マテイ)では銀のスプーンを身に着けるジュエリーとして提案しています。
お気に入りのメッセージや、お子様のメモリアル刻印(お名前、出生日、体重、身長)などを刻んでください。
末永く家族の絆として、またお守りとして大切にしていただけるジュエリーです。

結婚指輪オーダーメイド手作りMATEI (30)
<ベビーリング>
起源はやはり、欧米で銀のスプーンをプレゼントする習慣からのはじまりだそうです。
それから各地へ広まり世界中で銀で出来たギフトを贈る風習になりました。

一般的なベビーリングは赤ちゃんの誕生石を入れ、シルバーやゴールド又はプラチナ等で作られます。「自分の誕生石を身に着けると幸せになれる」と言われています。
MATEIでは、スプーンバングル同様に身に着けていただきたいのでベビーリングは小さめに作りペンダントトップとして提案させていただいています。
ベビーリングは大人になるまで危険から守り、幸せを運んで来てくれるお守りとして、出産のお祝い、パパ、ママ、からの贈り物に最適です!!

*ベビーリングを実際に赤ちゃんが身に着けるとお口に入れてしまうおそれがありますので、記念撮影をして、大きくなったらファーストジュエリーとしてプレゼントすると素敵ですね!

その他の作品はこちらです。http://matei.jp/g_anni

詳しくは~http://matei.jp/anniversary

宜しければHP/FB/もご覧ください。
http://matei.jp
http://facebook.com/mateijewelry


MATEIの結婚指輪たち~4

東京も梅雨に入りジメジメとした日々になって来ましたね!
 
今回はこんな季節にも素敵な指輪がアトリエにあります。
 

「縁雫」と呼ばれる結婚指輪です。

縁雫(えにしずく)とは、島根県松江市で水の都と言われ神様が宿る地域で降り注ぐ雨は「縁雫」と呼ばれています。特に6月に降る雨はとても御利益のある縁雫です。

結婚指輪手作りオーダーメイド東京MATEI (21)その6月の雨に触れると良縁に恵まれる、神の恵みの雨。
その縁雫をイメージした指輪です。

モデル名:縁雫:ENISHIZUKU
二つの削り出したラインの縁にミル打ちをし雫をイメージしたラインが、中心で結ばれる
そんな想いを込めた結婚指輪です。

 素材はWG(ホワイトゴールド)外側
YG(イエローゴールド)内側

女性にはダイヤモンドが留められています。

余談ですが島根県は「縁結び」で出雲大社が有名ですが、松江市内には八重垣神社と言う
出雲大社と並ぶ縁結びの名所として知られる神社があります。

八岐大蛇(やまたのおろち)を退治して稲田姫命(いなだひめのみこと)を妻とした素盞鳴尊(すさのをみこと)は、「八雲立つ出雲の国に、幾重にも垣根を巡らせて大切なあなたを守るための家を建てよう」と喜びの歌を詠み、御夫婦生活を始められた所といわれています。

いつか行ってみたい場所のひとつです。