MATEI

二人でつくる結婚指輪

渋谷/代々木上原

facebook
twitter
instagram
2人の未来へ繋げるMATEI

世界でたった一つ 二人でつくる結婚指輪 愛鎚

「愛鎚」を使ってつくる結婚指輪。お二人らしい自由な発想で。

MATEI(マテイ)の結婚指輪は、二人の指輪をつくる1本の金槌
「愛鎚」(あいづち)をつくるところからはじまります。
「愛鎚」を使って、指輪の表面を直接打ち付ける事で、
鎚目(つちめ)仕上げと呼ばれる指独特の模様となり二人だけの特別な表情を生み出します。金属に直接加工していくので、モノづくりの楽しさやカタチにする喜びを感じながら、同じデザインで素材を変えた り、一部分だけをお揃いにしたりと、お二人の自由な発想を生かしたオリジナリティあふれる結婚指輪が完成します。

二人で作る結婚指輪 イメージ1

完成までの3STEP

完成まで約1ヵ月〜2ヵ月。最短3回のご来店でお二人の指輪は完成します。(お打ち合わせ/製作(作業)/お引き渡しまで)
指輪づくりは、お客様とMATEIの職人で交互に行われます。

お二人で

お打ち合わせ・ご成約

お二人のご希望、ご予算、納期などを詳しくお伺いいたします。

指のサイズなどをお調べしながらデザインや素材のご相談。サンプルを見ながら直接職人に相談できるので、その場で理想の指輪のデザインがイメージできます。
デザインが決まりましたら、ご成約をしていただき指輪を製作する日をご予約していただきます。

MATEIの手仕事

準備:お選びいただいた金属を「鍛造製法」で丁寧に準備します。

「鍛造」と呼ばれる工程を経て、密度と強度の高い地金にします。

お二人で

お二人でつくる結婚指輪製作日

お約束した日にお二人でお越しください。

詳しい一日の流れ

午前中は愛鎚づくりと文字入れ(2〜3時間)、午後は指輪をつくっていきます(3〜4時間。デザインによって変わります)。職人が1日1組限定でサポートいたします。

MATEIの手仕事

仕上げ:デザインに合わせてお選びいただいた方法で仕上げます。

仕上げ作業は、熟練の職人が丁寧に心をこめて行います。

お二人で

約2週間後完成・お引き渡し

完成した結婚指輪をお引き取りに是非お二人でお越しください。 

製作日からお引き取りまでは約2週間〜(デザイン/時期による)。感動の対面です! 手づくりした愛鎚も、指輪をお引き取りの際に特製BOXに入れてお渡しいたします。

手づくりの指輪 1日の流れをご紹介

製作は熟練の職人がフルサポートいたしますので、安心して作業に集中していただけます。
お二人の作業のあとは、職人が丁寧に仕上げ作業を行い、約2週間(デザイン/時期による)で完成となります。

午前/2〜3時間

午後/3〜4時間

指輪をつくる道具
「愛鎚」(あいづち)を
お二人でつくるところからはじまります。

指輪の内側に
日付やお名前などを、
刻印していきます。

ヤスリで削って
フォルムを整え、
「愛鎚」で指輪の表面に模様を打ち付けていきます。

表面の模様について

指輪はデザインに
よって約3時間〜4時間で作業が完了します。

完成までの流れ

「愛鎚」(あいづち)はこのようにつくっていきます。

MATEIでの指輪づくりは、指輪をつくる道具1本の金槌、「愛鎚」(あいづち)をお二人でつくっていただくことからはじまります。

日本語には「相づちを打つ」という言葉があります。
語源は、刀鍛冶が刀を鍛える時に二人の職人が
向かい合い交互に金槌を打ち付けること。
「結婚とは二人が向き合い気持ちを伝え合う」こと。
お互いの気持ちを伝え合いながら、
1本の金鎚(かなづち)がつくりあげられます。
その金鎚を、MATEIでは愛鎚(あいづち)と名付けました。

「愛鎚」(あいづち)はこのようにつくっていきます。

アトリエでサンプルを参考に、指輪のデザインを考え、模様や、仕上げ、素材を選んでいくのも楽しみの一つです。

ハンマー調

スタンダードな形の槌目模様です。
愛鎚の打面を鏡のように磨き上げ、指輪の表面に打ち付けることにより輝きのある美しさを生み出します。

ハンマー調 鎚目(つちめ)仕上げの工程

ロック調

自然の石を叩いて模様をつけた愛槌で打ち付けることによって醸しだされる、ナチュラルな風合いが魅力です。経年変化で徐々に味わい深い模様になっていくのも特徴の一つです。

スターダスト調

愛鎚の打面にヤスリで加工を施します。 写真は「天の川」の星々をイメージ。キラキラした美しい模様が特徴です。この加工は指輪の側面に入れても美しいデザインに仕上がります。

フェザー調

金属は硬い物質ですがフェザーをイメージした愛鎚を無数に叩くことで、羽毛のように軽やかな温かみのある柔らかな感じの模様を表現していきます。

4種類の仕上げ加工

仕上げ方法でも指輪の見せる表情が変わります。アトリエでサンプルを見ながらゆっくり決めていきます。
製作お二人で手づくりの後は、MATEIの熟練の職人が丁寧に仕上げ作業を行い約2週間ほどで完成となります。

鏡面
(ポリッシュ)

ヘアーライン
(マット)

ダイヤモンドフィニッシュ
(艶あり)

サンドブラスト
(マット)

品質・素材へのこだわり

金属は、配合により加工後の仕上がりの色の美しさに差が出てしまいます。
マテイは金属の色にこだわったオリジナルの配合で、5種類の素材をご用意しております。

素 材

素材は5種類の中からお選びいただけます。

デザインによってはあえて、純プラチナや純金を使用することもあります。

Pt900(プラチナ)

最もプピュラーなPt900(プラチナ/パラジウム割)ではなく少量のRu(ルテニウム)を添加することで硬さが増します。ハードプラチナを使用しています。

WG(ホワイトゴールド) K14

既製品の多くはロジウムメッキが施されています。パラジウムの配合を変えることでメッキフリーでプラチナとの色の違いを出していきます。

YG(イエローゴールド) K20

イエローゴールドはより純金のような輝きに近づけるために純度を高めにしています。

PG(ピンクゴールド) K14

ピンクゴールドはより濃いピンク色になるように
配合しております。

OG(オレンジゴールド) K22

オレンジゴールドはYGとPGの中間の色見にした暖かみのある色になっています。

品 質

すべて鍛造製法でつくられています。
最後の仕上げまでおまかせください。

MATEIの指輪は、すべて鍛造製法でつくられています。
お打ち合わせ後、決めて頂いた金属のバーを金鎚で叩いたり、圧延ローラーで何度も圧力を加えることでより密度を高め、強度の高い地金にします。この「鍛造」と呼ばれる工程を経て、準備をさせていただきます。お客様が手づくりされた後は、一つひとつ丁寧に職人が仕上げていきます。

オリジナルのデザイン

お二人の好みが違っても安心。
金属や加工、デザインまで細かく対応。

一生身に着けるものだから納得したものをつけたいーー。
お互い納得できるものを付けたいのになかなかみつからないーー。
MATEIでは、手づくりのオリジナルだからこそ、好みに合わせる部分、お揃いにする部分を尊重して納得できる指輪が完成します。 2種類の素材を組合せた指輪や、日本の伝統技術でもある「杢目金(もくめがね)」を使ってのペアデザインのご提案もできます。

アフターケア

指輪のアフターケア全般もMATEI(マテイ)が責任をもって承ります。

*指輪のデザインによって磨き直し・サイズ直しが可能な場合とそうでない場合がございます。ご了承の上ご相談ください。

ご成約プレゼント

お二人の作業風景と
完成した指輪を撮影した
写真データをプレゼント!

お二人でつくった愛鎚を
専用フレームに額装して
プレゼントいたします。

二人でつくる愛鎚の結婚指輪価格

「愛鎚」+「結婚指輪」製作費(シンプルなデザインの場合)

参考価格:ペア208,000円(税別)より

・デザイン、素材、幅、加工等によって金額は異なります。
・結婚指輪の製作費用について詳しくはQ&Aをご覧下さい。ご不明な点はお問い合わせください。
・MATEIでは「愛鎚」のみの製作は承っておりません。結婚指輪の製作と併せてのご依頼をお願いいたします。
・「愛鎚」は、お一組様につき1本の金鎚製作が基本的なサービスとなりますことをご了承ください。

MATEI blog
MATEI オーダーメイド
MATEI 人前式